ゲーム攻略戦記

様々なゲームを楽しみ尽くす「情報・攻略・日記」などをお届け!

ゲーム攻略戦記

「黒い砂漠モバイル」をやり込んだレビュー【面白いかは人それぞれ】

キャラクリ

2019年3月に満を持して登場したスマートフォン向けアプリ「黒い砂漠MOBILE」。今回はこちらのゲームをそれなりにやり込んだ筆者が、ゲームのレビューをしていきたいと思います。

 

また、筆者は配信日からプレイしており無課金ながら上位1%以内の称号である「英雄」を保持しています。最上位ランカーではありませんが、レビューを書けるレベルではやり込んでいます。課金周りにも言及していきますので、参考にしてみてください。

 

■目次

簡単に「黒い砂漠モバイル」のゲーム性紹介

公式の謳い文句通り「自由度の高いゲーム」です。アクションRPGがメインのゲーム性ですが、その他の要素も沢山あります。

 

釣り・NPC好感度・領地の各種生産・ハウジング(領地のデザイン)・PvP(1対1の対人)・PvE(大量プレイヤー対敵ボス)・GvG(ギルドバトル)・馬やペットの育成・採取・MAPを歩ける・フィールド狩り etc...

 

全て挙げていったら凄い量になりますが、とりあえずはこんなところでしょうか。今存在しているスマホゲームの中では一番「なんでもできるゲーム」になるかもしれません。

 

レビュー

 早速レビューに入っていきます。「黒い砂漠モバイル」の良い点と悪い点にわけて書いていきますので、参考にしてみてください。また、これらはあくまで個人の意見になります。

 

良い点

まずは良い点から紹介していきます。

 

映像が綺麗

「黒い砂漠モバイル」の映像はスマホゲームの中でトップクラスに綺麗だと言っていいでしょう。映像が綺麗だと気になるのはスマホに対する負荷ですが、設定でグラフィックのレベルを細かく切り替えることが可能です。グラフィックレベルを下げても問題なくゲームがプレイ可能なため、あまり端末の性能を気にしなくていいのは嬉しいですね。

 

キャラクターが綺麗

キャラクターの見た目もクオリティが高いです。制作会社が同じアジアである韓国なので美的感覚がある程度近いのもありますが、特に女性キャラクターの見た目はレベルが高いと思って良いでしょう。

 

とはいえ、この辺りは好みも大きく影響するため個人差があります

 

出来ることが多い

既に紹介した通りではありますが、スマホゲームとは思えないほど「やれることが多い」です。当然PC版である本家には及びませんが(というか本家が凄すぎる)。

 

やれることは沢山ありますが、個人的に嬉しいのは「MAPを自由に移動出来ること」ですね。決まったルート以外もフラフラ移動可能で、柵や塀を飛び越えたり屋根に上ったりもできます。「敵と戦う空間は別空間」といったことも無い(一部例外あり)ので、敵が大量にいる洞窟で他の冒険者が戦っているのを横目に、近くの川でのんびり釣りをしたりといったことも可能になっています。

 

やり込み要素が豊富

プレイヤーの強さに直結するものだけでも「レベル・装備集め(13部位)・装備レベル・アクセ合成・戦闘力ボーナス・装備ボーナス・アクセボーナス・光源石厳選・黒いオーラ・衣装合成(武器と防具)・スキルレベル(技とパッシブ)・各種知識・図鑑・派生」があり(抜けているものがあったらすみません)、やり込み要素はとにかく豊富です。

黒い砂漠モバイル

 

領地やNPC親密度、ペット、馬、闘技場、ギルドなどの要素も加えていくとそれはもう膨大な量です。常に何かしらやることはあるゲームと思って良いのではないでしょうか。

 

しっかりプレイしている人が報われやすい

当然ながら課金者が有利になる要素はあるものの、前途の通り「黒い砂漠モバイル」は数多くの要素が関わって強さが決まってきます。微課金ではそう簡単にコツコツプレイしている人の強さを抜けないため、基本的にはしっかりプレイしている人の方が強くなり易い傾向にあります(廃課金を除く)。

 

知識や図鑑、サブのストーリー周回などはしっかりプレイをしないと育たない要素になります。

 

無駄な要素がほぼ無い

コンテンツ満載のMMOなどで起こりがちな問題として、死にコンテンツが大量に生まれたりするのですが、「黒い砂漠モバイル」では今のところその心配はほとんど無いように感じます。

 

街や村の装備屋・アクセ屋・ポーション屋・釣り、フィールド狩りなどの、よく死にやすい要素も黒いオーラや納品、戦利品などの要素が絡み合い、強くなった後も意味のある要素になっています。

 

放置状態で出来ることが豊富

仕事や学校などの時間にはプレイできないため、こんなに要素が多いと時間がある人が有利すぎると思われるかもしれませんが、そうでもありません。

 

オートの採取・戦闘・釣りと節電モードや精霊モードを駆使すると、ストーリー以外は放置でもなんだかんだこなしてくれます。

精霊モード

精霊モードに至ってはアプリそのものを消していてもフィールド狩りなどをしてくれるので、その間スマホで違うこともできます。一部の超強敵やPvPは手動推奨ですが、一日に何度か付けて精霊モードなどを設定して放置しておき、時間のある時にストーリーを進めていけば、充分成長が可能になっています。

 

ちなみに筆者は上位1%に入っていますが、無課金かつ9割以上放置していますので、時間が無かったり課金したくない人も参考にしてみてください。

 

スマホのARPGにしてはPvPが良い

「スマホにしては」というのが前提になりますが、PvPは良いと思います。

 

回線がひどい相手を引いたり、判定が怪しかったりする部分はある程度許容しなくてはなりませんが、技の差し込みや判定の強弱、コンボ始動技や不利状況をひっくり返す方法なども一応あるので、それなりにまともな対人アクションになっています。

 

個人的には対人ゲームをガチでやりたいならCSやPCでやる方がいいと思いますが、これはこれでそこそこ面白いです。

 

ガチャが出なくてもそれなりに強くなれる

ガチャでいい装備が出なくても強くなることは可能です。フィールド狩りのドロップで最高レア品が(一応)が出ますし、プレイヤー間の取引所を使えばゲーム内通貨で最高レア品を購入することも可能です。そのため、ガチャ運がなくてもフィールド狩りや金策を頑張れば十分強くなれます(勿論課金者の方が有利ですが)。

 

武器を作る生産などで最高レアのものも実装されるようですが、今のところは一部以外まだ未実装になっています。

 

サーバーが安定している

これも何気に凄いのですが、サーバーが全然落ちません。アップデートの時以外は安定してゲームプレイが可能となっています。

 

悪い点

あくまで個人の意見ですが、「ここは微妙(´・ω・`)」と思ったところも書いていきます。

 

パーティーを組めるのは一部のコンテンツのみ

「黒い砂漠モバイル」内でパーティーを組めるのは一部のコンテンツのみとなっています。ストーリーもフィールド狩りも友達や恋人とパーティーを組んでプレイなどはできません。フィールド上では他のプレイヤーが表示され同じ敵を殴ることが出来るため、疑似的にパーティープレイをすることはできますが経験値の分配などはありません。

 

そもそもパーティープレイに対応したコンテンツが少なく、ちょっと残念ですね。ある程度人数のいるギルド単位で行えるコンテンツは多いですが、2人3人といった少人数の気心が知れた人とプレイしたい場合は出来るものが少ないです。

 

キャラクリの自由度があるようで実はほとんど無い

まずクラスごとに性別と顔立ちの系統は固定です。男の魔法使いや女の戦士は作ることが出来ません。また、クラスごとに顔立ちの系統も固定されていてウィッチだと「女性固定で可愛い系の顔立ちにしかできない」といった具合です。公式がキャラクリの自由度を紹介するCMなどは、色々なクラスを映しているだけなので実際はたいして自由度はありません。

 

キャラが綺麗なのは事実ですが、自分が作りたい「性別×顔立ち×クラス」が選べない場合はキャラクリで頑張って寄せるけど妥協するか、諦めるしかありません。ここは個人的に残念だった部分です。筆者は男キャラで自分の美的センスに合う組み合わせが無かったため、妥協しました。

・黒い砂漠モバイルのキャラクリに関して

 

便利すぎるオート関連

ストーリーや戦闘や移動に関するオート機能は非常に便利である一方で、便利すぎてあまりやることが無いのも事実です。対人や強敵を除き「もう全部オートでいいや」が成り立ってしまいます。

 

特に強敵らしい強敵も出現せず対人もやらない序盤はその状態に陥りやすく、画面を眺めてるだけになりがちなので、楽しく感じない人も多いでしょう。筆者もその気持ちはわかりますが、ある程度進んで対人や強敵に挑み始めると手動の場面も増えてきてやり応えが増してきました。

 

この辺はプレイヤーがどういったゲーム性を求めるかで評価は変わってきそうです。個人的には強敵やPvPは手動の方がいいという差別化もあるので「黒い砂漠モバイル」に関してはそこまで気にならないですが、、。そもそも手動でやるならCSかPCでゲームをするので「スマホだしこんなもんでしょ」と思っているのも事実です。

 

ガチャ系が渋い

装備ガチャ、アクセガチャ、ドロップ率など総じて渋いです。今のところ最高レアの装備でもプレイヤー間で売り買い可能なため、ガチャに拘らなくても上位の装備を手に入れることは可能ですが、ガチャそのものは渋いです。一応生産で最強武器を作ることも可能ですが、中々大変です。改善すると公式はアナウンスしていますが、果たしてどうなるか・・・。

 

無課金だと少し不便な点がある

これはソシャゲ全般に言えることで無課金だとちょっと不便さを感じます。といっても、これはビジネス的に考えれば当然なのでしょうがないかなと、、。主にペットが無課金だと複数揃えにくく利便性に関わってきます。しかし、無課金でも続けていけば3匹飼うことは可能です。

 

微課金だとそこまで強くなれない

ガチャの渋さや利便性の所でも触れましたが無課金にも救済措置は多くあります。そのため、ちょっと課金したくらいじゃ無課金に対してそこまで差がつきません。

 

微課金プレイヤーにとっては悪い点、無課金プレイヤーにとっては良い点であるとも言えますね。

 

運営に不信感がある

「最強装備などはガチャ限定ではなく、生産でも作れるようにする」というリリース前の発言があったにも関わらず、蓋を開けてみれば最初はガチャ限定でした。叩かれまくって生産に実装したものの、最強武器1つのみ可能でそれ以外の上級武器は生産不可となっています。

 

今後どういった運営がなされるかはわかりませんが、海外版に比べ極端に日本版だけガチャを絞られている点を見ても、不信感があるのも事実です。とはいえ、他のソシャゲに比べれば集金体制は緩いので、個人的にはそこまで気にしていません。

 

ただ公式生放送第1回の荒れ方を見ても、ビジネスで嘘をつくというのは恐ろしい結果になることがわかりますね(´・ω・`)ゲストのマフィア梶田と特に女性ゲスト2名は完全な「とばっちり」を受けており、見ていられませんでした。余談ですが女性二人はあんな叩かれ方するなら事務所からNGでてもおかしくないレベルだと思います。運営が嘘ついたり雑な企画作ったりと散々でしたね。運営で矢面に立たされた二人も犠牲者と言えば犠牲者ですが。

www.youtube.com

特に意味のないフォローをすると、 矢面に出て謝罪しているだけまだましな運営かもしれません。精霊のCVさんも含め、放送に出てる面子は全員被害者だと思います。国外とも連携した作品ですので、伝言ゲームみたいになって今回みたいな件がおこったのでしょう。日本版制作の初期段階に生じた仕様の齟齬がリリースまで発覚しなかったというのは、開発側から見ればまさに地獄絵図でしょうね(´・ω・`)

 

今からやるのはアリか?

2019年4月8日現在で、今から始めるのは十分にアリです。配信日組と差はほとんど無いですし、そんなに必死にならなくても上位入りは十分可能です。長い期間をかけてコツコツ遊んでいくのが強さに直結するタイプのゲーム(廃課金を除く)なので、気軽に始めてみて良いのではないでしょうか。

 

無課金でも強くなれるか

無課金じゃないとやらないプレイヤーの方も多いと思いますので、「無課金でどこまでいけるか」についても触れておきます。

 

上位3%までなら十分可能

無課金でも上位3%までならたいして苦労せずに到達可能です。

 

重要なのはコツコツプレイすることです。コツコツといっても「黒い砂漠モバイル」はオートやアプリを切った状態で出来ることも多いので、1日2・3回定期的にアプリを付けてちょちょっと5分くらいで設定だけして切って、というのを毎日やっていれば上位3%は十分狙えると思います。

 

上位1%は効率的にプレイすれば可能

こちらはゲーム内通貨を稼いで取引所を活用しながら効率よく回せば達成できます。ただし、上位勢は入れ替わりが激しいので2・3日サボるとすぐ落ちてしまうこともあるでしょう。

 

とはいえ、こちらもオートや精霊モード(アプリを切った状態)を効率よく回せばいいので、実際に無課金で上位にいる筆者も手動でプレイする時間はたいして無いので、時間拘束をそこまでされることはありません。

 

ランカーはほぼ不可能

上位100位などのランカーに関しては無課金ではまず無理と思った方がよいでしょう。というか少なくとも今の仕様では無理です。

 

終わりに

黒い砂漠モバイル

今までのソシャゲの中では完成度が抜群に高いゲームなのは確かです。あとは上に挙げたこのゲームの特性が、自分の中でアリか無しかによって変わってくるでしょう。個人的にはひとまずプレイしてみて、合わなかったら辞めるくらいの気持ちでとりあえずプレイしてみるのをオススメします。それでは~

 

・【黒い砂漠モバイル】地形にハマった時の対処方法